裏側矯正は目立たない矯正装置で治療を行なうので取り入れやすい

虫歯予防をする

院内

毎日しっかりと歯を磨くことが大切ですが、磨き残しがあると虫歯や歯周病の原因になります。子供の場合、隅々までしっかりと磨くことができないため、定期的に歯科で歯をクリーニングする必要があるのです。池袋の歯科では、子供の予防歯科を取り入れているため、虫歯になりにくい歯を作ることができます。お菓子などの甘いものを食べることが多い子供は、虫歯になるリスクが高いのです。池袋の歯科に行くことで、汚れをしっかりと落とすことが可能です。予防歯科では、汚れを落とすクリーニングに加え、フッ素塗布も行なっています。フッ素塗布をすることで、汚れが付きにくい歯にすることができるのです。年に数回のペースで行なうことで、虫歯になりにくい丈夫な歯にすることが可能になります。子供の時から口内環境を整えていることで、成長した後も虫歯になるリスクを抑えられるのです。歯が生えてくる頃にフッ素塗布をすることで、効果的に虫歯を予防することができます。池袋の歯科では、子供の歯の状態に合わせて施術を行なうため、安心して予防歯科の施術を受けることが可能です。予防歯科ではフッ素塗布以外に、フッ素洗口も取り入れていますが、より効果的にフッ素を取り入れられます。フッ素を含んだ液でうがいをすることで、子供が自分で予防することが可能です。このような虫歯予防をすることで、口内を清潔にすることができます。子供の虫歯予防を考えている人は、池袋の歯科に行くと良いでしょう。