裏側矯正は目立たない矯正装置で治療を行なうので取り入れやすい

カウンセリングを行なう

矯正

府中の矯正歯科はでは患者の悩みや歯並びの状態に合わせて、負担のない治療を取り入れてくれるので、初めての人でも安心して治療をすることが可能です。矯正治療を考えている人は行くと良いでしょう。

More Detail

取り外すことが可能

治療器具

矯正治療ではブラケットを使用した施術が多いですが、痛みを感じることがあるため、抵抗を感じる人は多いのです。西宮の歯科ではマウスピース矯正を取り入れており、患者の負担を抑えた治療を行なっています。

More Detail

虫歯になりにくい

医療器具

矯正装置が見えることに抵抗を感じる人が多く、治療をしたくても中々受けられないことが多いのです。多くの歯科で行なわれている施術方法は、ワイヤーを使用したブラケット矯正になります。ブラケットは、治療期間が長く装着している間は痛みを感じることがあるため、負担が大きいのです。しかし、微調整をすることが可能なため、綺麗な歯並びにすることができます。ブラケットは治療の間はずっと矯正装置を取り付ける必要があるため、矯正装置が人に見られてしまうのです。裏側矯正をすることで、矯正装置が人に見られることはありません。裏側矯正は、歯の内側に装矯正装置を取り付けるため、笑ったり食べたりする時に器具が見えることはないのです。歯の根本に器具を取り付けるため、目立つこともありません。矯正治療で抱える負担を軽減することが可能なのです。歯の状態や、要望によって施術方法は異なるため、しっかりと診断を受けることが重要になります。ワイヤーを使用した矯正治療の場合、虫歯トラブルを起こすことが多いですが、裏側矯正をすることで虫歯トラブルを抑えられるのです。歯の裏側はエナメル質が厚いため、細菌によるダメージを受けにくくなっています。そのため、器具を付けても虫歯になることを防ぐことが可能です。ブラケットの場合、表面に器具を取り付けるため、十分に歯磨きをすることができないため、虫歯になりやすい傾向にあります。虫歯のリスクを抑えつつ、しっかりと矯正治療を受けたい人は裏側矯正を取り入れましょう。歯科医と相談し、自分に合った施術を受けることが重要です。

虫歯予防をする

院内

池袋の歯科では、子供の予防歯科を取り入れているため、子供の時から虫歯予防をすることが可能です。フッ素塗布を定期的にすることで、汚れが付きにくく、虫歯になりにくい歯にすることができます。

More Detail